ネット銀行と福利厚生

ネット銀行求人TOP >> ネット銀行の転職の基礎 >> ネット銀行と福利厚生

ネット銀行と福利厚生

ネット銀行に転職する時にチェックするのは仕事内容や給与、賞与になることがほとんどです。しかし、福利厚生についてもしっかりチェックし、満足できる内容かを確認しておくと良いでしょう。あるネット銀行の福利厚生を見てみると、退職金制度や休業制度、資格支援制度、健康管理、教育制度、育児のための時短制度、独身寮制度などがあります。

退職金制度には退職一時金と確定拠出年金があり、退職した時にまとまったお金が入るようになっています。確定拠出年金は、企業年金の一つで退職後に年金として受け取れます。休業制度というのは、産前産後の休暇や育児休暇、そして親などの介護のための休暇が取得できるようになっています。資格支援制度は会社が定めた所定の資格を取得した場合、報奨金を支払うというものです。取得する資格によって報奨金が違うのであえて難しい資格にチャレンジする人もいるようです。健康管理については定期健康診断や人間ドックを受ける時の補助、歯科検診などが受けられるものです。教育制度は各種スキル研修や新入社員研修、階層別研修、銀行業務通信講座受講などを行うというものです。育児のための時短制度は、出産した後の育児のため、働く時間を短くすることができる制度です。独身寮制度は、独身の社員のために寮を用意してあるということです。これらの他に、国内や海外提携の宿泊施設やスポーツクラブや生活サービスの割引制度が受けられる団体にも加入しているので、従業員は利用できます。

これはあるネット銀行の福利厚生の一例ですが、どのネット銀行も同じというわけではありません。各銀行によって福利厚生の内容は変わりますが、大手のネット銀行であればそう大差はないと考えられます。転職する場合は、前職場の福利厚生と比べてどうなのか、十分満足できる内容なのかはチェックしておくと良いです。福利厚生の内容まで確認しない人が多く、実際に入社した後でこんな制度があったのかとか前の職場にはあったのに今の職場ではないというようなことがあるかもしれません。例に挙げたネット銀行の福利厚生制度はかなり充実していると言えます。この内容だと大企業とほとんど変わらないでしょう。福利厚生の他にも、給与や賞与、主な手当の内容、保険(厚生年金や雇用保険、健康保険、労災保険など)があるかなどもしっかり確認するようにしましょう。福利厚生の充実も、転職においては重要なポイントとなります。

ネット銀行の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 ネット銀行転職ランキング【※希望条件での転職サポート】 All Rights Reserved.